コラム」カテゴリーアーカイブ

草加市 オステオパシー治療院

寒さが本格的になってきましたね。

年末年始、来年の計画等始めています。

表に回転看板が接地されて、目立つようになってから新しい患者様が沢山いらしています。

予約制ですので、ご予約を取ってから御来院されると待ち時間が少ないですので是非ご予約を取っ手からの来院をお勧めします。

乾燥している空気はウィルスが飛散しやすいので湿度管理を確りとしていきましょう。

当院では巨大な加湿器で常に50~60%の湿度をキープしております。患者様同志、施術者からの感染を防ぐ為でもあります。

加湿器をフル稼働して楽しいクリスマス、年末年始をお過ごしください。

年末年始のお休みは12月31日~新年1月3日までです。

4日から平常通り行っております。

草加市 オステオパシー治療院

暑さも大分落ち着いてきましたね。

でも、油断出来ませんね。毎年水害が出るような国になってしまいました。明日は我が身のつもりで準備をしていきましょうね。

といっても、何を準備すればいいのか。取り敢えず命ですね。生きていればどうにか成る。ということでしょうか。

暑さが引けば、水分補給が疎かになる場合もあります。

梅雨時期に皮膚が痒くなったり、鬱っぽくなる場合があります。

骨格の異常により楽になる場合もありますので、病院に行っても変化がなかったら是非うちで試してみてください。

頭痛や生理痛も骨格の問題の時があります。

梅雨入りしましたね。

湿気と温度の調整が難しい季節ですね。

自律神経もこういう時に乱れる時が多いです。最大の防御は規則正しい生活です。

気圧の変動もあり、体はそれに反応します。

ダルさ、倦怠感があったらテラ治療院にて自律神経の調整を行ってみてはどうでしょうか。

病院等で異常無と言われた方は骨格から自律神経の調整が出来ますのでそれが効果を発揮する場合が多いです。

ゴールデンウィーク明け

今年の長い連休はどうでしたか?
自分は、家にこもって只管自転車に乗って体を動かしていました。

とても気持ち良かったです。

普段と違った生活をしているので、体の不調が起こっているかも知れません。遠慮なく当院で改善してみてください。

連休で体が癒されているはずなのに、体が悲鳴を上げている事はよくあることです。

それに連休前の温度差で体の見えない負担は大きいはずです。我慢しないでおかしいなと思ったら当院にお電話ください。

筋肉のほぐしとストレッチで筋・骨格の不調を取り除けばスッキリと寝れて疲れが取れます。

花粉の季節ですね。

花粉で苦しんでいる人は多いと思います。職場や家庭での湿度管理に気を付けてください。
湿度が高いと花粉の飛散が抑えられると言われています。

湿度を最低でも50%に保ようにしてみてください。その場では楽になります。

そして、外出時にはマスクを必ず着けてみてください。マスクがあればマスクにより花粉が抑えられるのは勿論ですが、マスク内は肺からの呼気により湿度が保たれる為、尚効果的になります。

湿度を上げる事にはとてもいい事があるのがお分かりになりましたか?

これからも湿度管理とマスクの着用を心がけてシッカリと体調管理してみてください。

腸内細菌の改善でも、体質が改善されて。花粉症が自然に治った。なんて話も聞きます。

色々と自分に合った防御方法と腸内細菌の改善による攻めの両方を試してみてください。

テラ治療院

3月ですね。

3月はちょっと恵みの雨が多いですね。乾いているよりは湿度も高くてインフルエンザの大流行を抑えられるのではないでしょうか。

雨が降ると気分が沈む。という人も多いと思いますが、気持ちの問題だ。という話を聞いた事があります。自分でそう思うのではなく。雨が降って「楽しい」「ありがたい」と思うようにしてみてはどうでしょうか。少し違った雨の日を楽しめると思います。

雨があると湿度があがり、「花粉」の飛散も抑えられます。結構いいことあるんですよね。

花粉の季節が近づいてきました。

まだまだ、寒い日が続いてますね。

更に、花粉も飛散し始めているようですね。

いずれにしても湿度、十分に気を付けていきましょう。

湿度が50~60%を維持出来ればウィルスも花粉もある程度の飛散は出来ないそうです。

しっかりと湿度を上げれば鼻の粘膜も潤い、本来の花粉やウィルスを洗浄する機能も発揮できるといういいことだらけですので当院では推奨しています。

皆さんもこの時期を快適に過ごす為にも加湿器を是非購入して体を労わってみてはどうでしょうか。

草加市 オステオパシー整体治療院 テラ治療院

いよいよ梅雨ですね。湿気が多いと温度調整が難しくなります。

汗をかいたら水を沢山飲みましょうね。何しろ水分不足では体が色々な不調を訴えてきます。

喉が渇いてから飲むのではなく、喉が渇く前に飲むのがコツです。

 

テラ治療院でした。

自律神経失調症に注意

これだけの湿気・乾燥 更に温度差がものすごい時期です。一日の中でも10度近い変化があるのは体温調整をしている自律神経への負担が大きくなります。

凄まじい変化に対応出来るには自律神経への負担を減らすこと。

1 充分な睡眠

2 規則正しい生活

ですね。これを確実に実行して乗り切りましょう。

 

不定愁訴的なダルさ。倦怠感等も骨格の調整で解消する場合も少なくありません。病院等で「異常無」と診断された場合は是非当院にて骨格のバランスを整えてみてください。

骨格のバランスが整えば、神経やホルモンのバランスが本来の状態に戻る場合が多々あります。

骨格の乱れにより神経やホルモンのバランスが崩れるのはよくあることなので、適度な運動を心がけて乗り切りましょう。